フォト

最近のトラックバック

« 花まつりであったか気分 | トップページ | 金曜日の旬な色 金色コーナー29 »

2015年4月17日 (金)

金曜日の旬な色 金色コーナー28

ぐりぐら
ぐりぐら

BeHappy789 BeSmart Friday
この時期、この季節の旬な話題、旬な物、こと、人をご紹介するコーナー。

今回は長年読み継がれてきた絵本「ぐりとぐら」に出会える展覧会
「ぐりとぐら展」をご紹介しましょう。

双子の野ねずみ「ぐり」と「ぐら」が誕生して50周年。
愛らしいキャラクターと物語。
母から子へと読み継がれて今も尚、
多くのファンを虜にしている作品、「ぐりとぐら」。
現在、開催されている展示会ではシリーズ7作品を始め
作者のデビユー作など170点に及ぶカラフルな原画が登場しています。
また作者自身が語る「ぐりぐら」話の映像や
スタジオジブリでおなじみの宮崎駿監督との対談映像も公開されています。

会場を絵本の誕生秘話からシリーズを旅するように歩き、
いつの間にか物語の中に自分が入り込んでいるような空間。
子供達だけでなく大人も楽しめる内容です。

私も改めてぐりぐらの魅力を再認識した時間となりました!
「ぐりぐら」の中にある
そう!「季節感」すばらしいですね〜!
例えば「ぐりとぐらとくるりくら」では、
タンポポやキラっキラの緑が鮮やかに描かれていて、
今の季節をこの作品からたっぷり味わうことができるんです。
他の作品でも冬を感じ取ることができたり…
「ぐりぐら」は物語はもちろん
季節というものを子供達に自然に教えてくれているんですね。

長く愛されている絵本だけに来場者は子供ではなく、
ほぼ大人の女性たち。
「あっ!ここ私の好きなシーン」なんて言葉が漏れ聞こえてきましたよ。

子供達には嬉しい塗り絵コーナーや
「ぐりとぐら」読書コーナーなども設けられています。
そして限定グッズもたっぷり!
ここでしか買えない「ぐりぐら」グッズも登場しています。

「ぐりとぐら展」場所は伊丹市立美術館 5/31にまで開催中。

子供頃に出会った作品が大人になっても側にいてくれる
この展示会にやって来た女性達の顔は子供のような笑顔にあふれていました。
可愛い「ぐり」と「ぐら」に会いに、あなたもいかがですか?

« 花まつりであったか気分 | トップページ | 金曜日の旬な色 金色コーナー29 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/397171/59662020

この記事へのトラックバック一覧です: 金曜日の旬な色 金色コーナー28:

« 花まつりであったか気分 | トップページ | 金曜日の旬な色 金色コーナー29 »

2016年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          
無料ブログはココログ